FC2ブログ
プロフィール

BeefSteak2nd

Author:BeefSteak2nd
十数年間システムエンジニア一筋のサラリーマンだった。環境についての何の専門知識も習得していないが、海面上昇を止めるために会社を辞め、地球温暖化防止を当面の我が人生のテーマと決めた。いずれは食糧問題にも関わっていきたい。
ドイツで一年間遊学後、日本国内の対策を民間の立場から取り組んでいる。
りゆーす・りさいくる・量り売り 前田商店に勤務。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

誰にでもできる地球温暖化防止対策
地球温暖化への対策は誰にでもできる。一人一人の行動が世界を変えていく。持続可能な社会を実現するための提案、私自身が民間人としていかにして貢献していくか、 ドイツのことなどを書いていきたいと思います。
12月12日 STOP温暖化 世界同日アクション
気候変動に対して世界のリーダーが緊急な対応をとるよう、COP15の開催に合わせ、12月12日に世界でアクションを起こそう!という呼びかけがあります。

各地のアクションがニュース等で取り上げられ、COP15に出席しているリーダーたちに届き、気候変動に対して実効性のある取り決めがされることを期待しています。



やるしかあんめぇ、温暖化とめっつぉーい。


(やるしかないだろ、温暖化を止めるぞ)


ということで、これに呼応して、福島県でもアクションを行います。
12月12日(土) 正午より
場所:
 ハーモニーステーション郡山
内容:
 企業・NPOによるブース、市役所パネル展示、原発関連パネル展示、人形劇、コンサート、飲食ブースなど
 劇団赤いトマト、NPO法人ザ・ピープルさんもいらっしゃいます。
 また任意の参加で、世界へ向けて各地1文字の人文字メッセージを作る企画もあります。


私も量り売りや非電化製品の紹介などをして、ただ反対を叫ぶのではなく、愉しくて持続可能な生活の選択肢をPRします。


これらのアクションは世界・日本全国各地で行われるので、

「温暖化を止めるために私も何かアクションを起こしたい!」

と思っている人は、
ぜひ近くのイベントに参加してみてください。
スポンサーサイト

テーマ:環境問題・地球温暖化 - ジャンル:ライフ

郡山交通改良会議
マイカーを持たず、自転車と公共交通で暮らす。
都会では普通のことかもしれないが、地方都市ではなかなか難しい。
そこでこういうものをやることになった。

郡山交通改良会議ホームページ

マイカーがないと生活できないところ。それは「街」として不完全で、街と呼んではいけないのではないか。ここよりも小さな都市でもできているのだ。可能だ。マジメにたのしく交通を変えていきたい。

環境負荷の低い移動手段を選ぶ。これも温暖化対策です。
暖房
店に薪ストーブを入れた。
前田商店ブログ

薪ストーブは鍛冶屋さんに作ってもらい、上は釜にしてもらった。釜は大きな四角い箱になっていて、自分で仕切り板を入れて石焼きとヤカンを置けるように2分割した。石焼き芋を販売し、無料でお茶をサービスしている。

薪ストーブは暖房でありながら、石焼き芋が焼け、お茶をわかせる。工夫をすれば焼イモだけでなく、ご飯を炊いたり、パンを焼いたり、鍋物をつくったりといろいろできるはずだ。

日本の民家は昔は囲炉裏で温まりながら調理もしていた。部屋を暖める熱を利用して、お湯をわかしてお風呂にも使っていたのではないか。

薪を使うようになって、暖房・調理・風呂と用途ごとにエネルギーを消費することがもったいなく感じられるようになった。もしすべてを薪でやるとすれば、3箇所で燃やすこともできるだろうし、1箇所でまとめてやることもできる。

地域暖房もいいけれど、薪という手間がかかり目に見える燃料を大事に使っていくというのも悪くない気がする。
月に一度、公園で
月に一度、うちの店でフリーマーケットをやってみることにした。許可のいるものでなければ、誰でも何でも売っていい。人に迷惑をかけなければ自由(フリー)、出店料も無料(フリー)。
前田商店ブログ記事

リサイクルショップをやっていて言うのもなんですが、地元の人同士が不用になったものを売買・交換できる場。それがあればネットオークションやリサイクルショップのような存在はそれほど要らなくなるでしょう。無料でこんなことやったら商売にならなくなるかもしれないし、お客さんが増えて逆に繁盛するかもしれない。まあいいや。

ネットオークションのようにシステム利用料や高い送料を支払う必要もないし、地域の活性化にもなる。ゴミだって輸送エネルギーだって減って温暖化対策にも、雇用対策にもなるかもしれない。

週に一度くらい、いや月に一度でもいい。公園にテントでも立てて、こういう商売をアリにしたらいいのになあ。パリの蚤の市をじゃないけど、家から近いほうが近所の人とも触れ合えるし、物の移動や駐車も楽でしょう。ついでにみんなで公園であそぶの。


その土地を愛し、その土地でがんばること。
それが、Think globally, act locally. の意味の一部だと思う。



1mも高く跳べる蚤(ノミ)。30cmの瓶に入れてフタをすると、そこから出ようと何度も飛び上がりフタにぶつかる。しばらくすると、そのノミはフタをあけても30cm以上跳べなくなってしまう。

そのフタとはつまならい常識のことかもしれない。
他人にフタをしてもいけないし、自分にフタをしてもいけない。他人のフタを取ってあげられるようになりたい。

そうすればみんなもっとやりたいことができるはずだ。
希望がないと楽しく生きてはいけない。


地球温暖化は必ず止まると思う。


Wenn morgen die Welt unterginge, würde ich heute ein Apfelbäumchen pflanzen
明日世界が滅びるとしたら、私は今日りんごの苗木を植える。

これが誰の言葉かというのは、自分にとってはどうでもいい。
明日世界が滅びると言われたら、俺もそのように稲かジャガイモでも植えていたい。
常にそう思っていることが大事。
プレゼント用のラッピングのリユース
プレゼントのラッピングは、包装紙ならまだメモ紙にできるけど、フィルムみたいなものは使いみちがなければ捨ててしまう。物を贈ることに抵抗を感じてしまう。
布で包み、布のリボンで結べば、また使いまわせるのだろうけど、それを持ち帰るというのも・・・

そこではじめたのがこれ。リユースボトル袋
容器のサイズに合った布の袋を作る。それを布のリボンで結ぶ。
プレゼントをもらった人に袋とリボンをうちの店に持ってきてもらい、それを買い取りまた使う。
自分がやる事業では、できるだけゴミがでない工夫をしていきたい。

そもそもプレゼントというのが、私はあまり好きではない。
自分は本当に必要なもの以外は所有しないほうがいいと思っている。
それに物をもらうとなくしてはいけないと思ってしまい、普段使わずに奥へしまってしまう。
感謝を込めて何かを贈るというのは悪いことではないのだけど、それは物にあふれた裕福な国のやることだと思ってしまう。何かくれるなら、そのぶんを貧しい国の人にあげたい。
だからもらうなら余っているもの、食べ物や飲み物、それも日持ちのするものがいい。それに無駄な包装がついてこなければ、さらに気持ちがいい。

ドイツにいたあるとき、誕生日の歌を歌うことになって、ドイツ語で聞いたことのない歌をみんなで歌ったあと、日本の誕生日に歌を歌ってくれと頼まれた。日本ではHappy birthday to you。英語の歌だ。それを言うと、「それはクソだな」と十代の女の子に言われた。
あとで、昔の日本は数え年で、誕生日を祝うことはなかったのだと知った。当然プレゼントをあげることもなかったのだろう。もちろんクリスマスだって祝っていなかっただろう。そう考えると、プレゼントはとても商業的に思えてしまう。
調べると、お中元お歳暮のルーツは中国で神様を祭ることから来てるのだそうだ。お供え物とい言ったら食べ物だろう。
どうせあげるんなら、採れすぎた野菜、釣れすぎた魚をプレゼントすることができたらなあと思う。

まあ、あんまりやりすぎると現代社会では面白味がない人になってしまうので、ほどほどに。