プロフィール

BeefSteak2nd

Author:BeefSteak2nd
十数年間システムエンジニア一筋のサラリーマンだった。環境についての何の専門知識も習得していないが、海面上昇を止めるために会社を辞め、地球温暖化防止を当面の我が人生のテーマと決めた。いずれは食糧問題にも関わっていきたい。
ドイツで一年間遊学後、日本国内の対策を民間の立場から取り組んでいる。
りゆーす・りさいくる・量り売り 前田商店に勤務。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

誰にでもできる地球温暖化防止対策
地球温暖化への対策は誰にでもできる。一人一人の行動が世界を変えていく。持続可能な社会を実現するための提案、私自身が民間人としていかにして貢献していくか、 ドイツのことなどを書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットボトルのリユース
今日テレビのニュースで環境省がペットボトルのリユースを検討しているというのを見た。
ドイツでも一部のメーカーの製品がデポジットをつけて販売されているが、小売店が機械で回収した後、各メーカーが自社のボトルを引き取っていた。これはペットボトルに匂いが残ってしまうためということで、他の飲料の匂いが移ったものを、自社の商品に使えないのだろう。私も何度か洗浄方法を実験したが、市販の洗剤でいろいろな洗い方を試しても結局落ちなかった。日本では水のペットボトルのリユースが実証済みだが、水は無臭なので問題になりにくいのだろう。日本で実現するとすれば、やはりメーカーごとに回収するか、飲料の種類が絞られることになるのかもしれない。
日本のメーカーは衛生面を気にしている。海外では食器を洗剤で洗って、すすぎをしない地域が結構ある。清潔さに対する潔癖さは日本は世界一だ。一度騒がれると、商売を続けていくのが難しくなる。ヨーロッパに比べ湿度の高い日本では、特に気にする必要もあるのかもしれない。
ヨーロッパは国が隣接しているため、国外の製品もたくさんある。輸入に関しての制限がかけられないのか、デポジットでないワンウェイペットボトルも数多く存在する。リユースにはコストもかかる。そのため、回収率は頭打ちとなっている。

リユース瓶は重いので、輸送にコストだけでなく、化石燃料消費とCO2が増加するので、環境の面から言っても長距離輸送には不向きだ。

日本もここはひとつ、助成金を出してリユースを義務化してはどうかと思う。未来の地球環境を考えると、コストを気にしている時ではない。温暖化の被害を受けている地域があるのだから、ODAを削ってでもやるべきではないか。

その次のステップは、やはり量り売り。回収率とか難しいことを考える必要はない。消費者自身がボトルを管理するかわり、ペットボトルのリユースにコストを支払う必要はない(量り売りの人件費等は増えるかもしれないが)。、容器の移動は自宅から小売店なので最短距離で済む。いまの焼酎の量り売りがそれである。小売店は大変かもしれないが、容器を忘れた人のために貸出をするというのもひとつの方法だ。小売店が洗浄するのであれば、小売店に助成金を出したい。(私も小売店の立場で申し訳ないです)
衛生面が問題と言うが、家庭では大きなペットボトルから自宅のガラスコップに入れて飲むことが多いのだから、あまり気にする必要はない。ほとんどの人が冷蔵庫を持っているのだから、牛乳と同じように、要冷蔵とし、保存時間を制限してしまえばいいのだ。
消費者が清潔に保てる瓶を選択し、賢くなっていきたい。
いっそのこと、マイボトル、マイ容器、量り売りを義務化してみては?というのは飛躍しすぎか・・・

そして忘れていけないのが、地産地消。どんなにリユースしたって、洗浄場所が遠くにあると輸送で環境負荷がかえって高くなる。近くで生産されたものなら、遠くに運ばれる可能性は少ない。これも消費者が賢くならなくてはいけない。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://beefsteak2nd.blog43.fc2.com/tb.php/51-f2ac13f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。